オンライン英会話のランキング オリコン顧客満足度 2020年

olicon english

英会話スクールのランキングと同時に、1965人のサンプルからオンライン英会話の2020年度のオリコン顧客満足度ランキングが発表されました。

https://juken.oricon.co.jp/rank_english/

eikaiwa point

英会話教室よりも多い8項目の点数が公表されています。

この8項目では、英会話教室と同じく、個人的には、習った『結果』、つまりはこれらの評価項目のうち『英語の習熟度』が重要な項目だと思います。

最初に英語の習熟度の項目別評価を確認します。

eikaiwa shuujyuku

英会話教室と同じく、オンライン英会話でもイーオンが1位。

そして総合でもイーオンが1位。

aeon

大手は高いんじゃないの?
と思ってしまいますが、『適切なレッスン料』の項目でもイーオンは、ネイティブキャンプに次いで2位。納得の価格ということです。

イーオンは8項目のうち、『英語の習熟度』『サポート体制』『カリキュラム・教材』の3項目で1位。それ以外の5項目ではすべて2位。

続いて総合2位、3位。

online23

2位のネイティブキャンプは『入会手続き』『授業の受けやすさ』『適切なレッスン料』の3項目で1位。

と、ここまで確認したところで、オンライン英会話スクールを選ぶ上で、大事なポイントをお伝えします。

それは、あなたが英語を学ぶ目的は何か?
という点から、その目的に見合った評価をされている英会社スクールを選ぶことです。

英会話教室のオリコン満足度では、それが公表されていなかったけど、オンライン英会話は『目的別』という指標があって、ランキング、ポイントが公表されています。

eikaiwa beginner

総合ランキング2位のネイティブキャンプは『初心者向け』で1位で『ビジネス向け』ではランキング外。

目的別『ビジネス向け』で1位は総合ランキング1位のイーオン。

ということで、総合評価の上位から自分に合うオンラインスクールを探そうというのは間違いで、『目的別』で選ばないと、自分にマッチした内容ではない、ということです。

ところが、『日常会話』では、1位がイーオン、2位がネイティブキャンプなので、
じゃあ、『初心者向けの日常英会話』はどこがいいの?
と考えると、どちらの良いのでしょう。

結局あとは、講師と料金の支払い方法と金額設定、ということでしょうか。