3月9日、フィリピンでの新型コロナウイルス感染者10人 大統領は非常事態宣言 日本政府は未だに非常事態宣言見送り

manilamask

日本では最大感染者数となった北海道が政府に先んじて学校の休校や非常事態宣言をし、アメリカでも感染者が1人も出ていない段階でも宣言を出す州があるなど州単位では非常事態宣言が出されている。

 

僕が現在日本を脱出して避難しているフィリピンでは感染者が10人となったところで大統領は非常事態宣言を出した。

今のところ非常事態となったところで、何がなされるのかまだ調べていないが、フィリピン政府が危機意識をもって迅速に対処しようとしていることが窺える。

フィリピンで非常事態となったのは、市中感染が確認されたから。

つまり、最初の3人のように中国武漢からやってきた中国人の感染とか、海外から帰国した人の感染が確認されたとか、感染者の接触者が感染したという経路が判明している例ではなく、どこで感染したかわからない感染者が確認された、ということ。

既に、4,5人目の感染者が確認された3月6日、一人は海外渡航歴もなく、周りに感染者もいないので、市中感染と分類される。

一気に10人の感染者が確認された3月9日、僕は近所の大型ショッピングモールの焼肉ブッフェ、YAKIMIXに行った。

そろそろ近所にも感染者が出て、外出ができなくなるくらい危険になるだろうと思い、最後に行きつけの焼肉ブッフェを食べに行った。

通常、平日の昼食時は客は満席になる少し手前くらいで、並んでいることもなく、ガラガラでもないが、3月9日は、12時頃に入店すると客は4組。その後も多分2,3組。そのため離れた席に座ることができたので感染の危険度は少なく、好きなブッフェの競争にもならなかった。

大統領による非常事態宣言の公開放送がいつなされたのか確認しなかったが、帰宅してインターネットで大統領の演説を聞く。

食糧がなくなるかもしれない、米の流通がストップするかもしれない、一部の金持ちが買い占めるかもしれない、というようなことを話しているよう。

大統領宣言の翌日、学校が2日間休校して消毒

そして、3月10日。

僕の家の近所の学校は休校して消毒をすると聞いた。

3月9日の午後は制服姿の中学生が近所に集まっていて、日本のように休校にはなっていないんだな、と実感したが、今後、フィリピンでも学校が全て休校になっていくのかわからないが、3月10日、11日の2日かけて徹底的に消毒しているよう。

我が家は息子が予防接種に行く日だったが、その医療機関も公共のサービスなので消毒をするために休診となった。

早速、大統領の非常事態宣言に対応した形だ。

 

フィリピンのショッピングモールでの対策方法は?

数日前からフィリピンの大型ショッピングモール、SMでは客全員の体温チェックを警備員が始めている。アヤラモールではその時点では検査をしていなく、3月9日でも荷物検査しかなかった。消毒液を置いてはいるが、客に使えというものではなく、多分警備員のために置いてあるもののよう。僕は勝手に使ったけど。

3月9日の夕方にアヤラモールを出るときには、入り口の警備員チェックで、男性だけに体温検査をしていた。多分検査の機器、ガンタイプの非接触型の機器だけど、それが足りないのだろう。全ての入り口で全ての客を検査する体制が整ってない。

ショッピングモールと言えば、フィリピン人初の感染者が確認されたマニラのグリーンヒルズだ。

3月9日には客は全くなく、廃墟のようだ、とインターネットにアップされていた。

どのショッピングモールでも1人でも感染者が確認されればグリーンヒルズのように一瞬で廃墟のなるのであろうけど、入り口でのチェック体制は、そんな危機感を感じられない。

大型ショッピングモールの従業員が感染したとか、感染者が客としていたとなれば、利用者は他のショッピングモールやスーパー、街のマーケットに流れることになるから、感染した大型ショッピングモールで流通していたモノや食料の供給がストップした分だけ、奪い合いになる。

今後、マニラのどこかのショッピングモールで感染者が出て、消毒のため一時閉鎖とか、客がよりつかなくなったら、いよいよフィリピン人も食糧の確保に一気に向かうだろう。パニックになる。